だいたいSOLO たまにSOLI

有りがちですが、日々の事綴ります

源流釣行用ロッドケース

9月に東北の何とか川の源流まで歩いて歩いて釣りに行く「沢登り釣行」に連れて行ってもらいます

当然日帰りではないのでテントなんかも持参する

極力軽量にして楽に目的地を目指す事になるのだが目的が釣りであるので忘れてはならないのが釣竿と釣竿を入れるロッドケース

川で転んで釣竿を折ってしまっては行った意味が見出せず泣くに泣けないので少しでもガードが効く入れ物が必要となる

アルミケース等のちょっとやそっとじゃ折れたり曲がらない頑丈なケースがベストだけど丁度良い長さや太さがなかったり高額だったりで諦めた

次に思い浮かんだのは木材での自作

↓こんなサイトを見つけたので参考にしようと材料探しに!

http://www13.plala.or.jp/keisuikai9/nakanosaku/newpage5.htm

自宅から少し離れているが近傍のホームセンターでは間違いなく品揃えが良いホームセンター『ジョイフル本田』へ

f:id:pescadoraire:20170729212703j:image

木材でルアーを作っていた黒歴史もあるので木材には詳しい(はず)

軽く加工し易い木材を探すが見当たらない

合板はあるが木目が出ないので却下

諦めてプラダンで作ろうかとプラン変更するも強度が出ないのでこれまた却下

あきらめて桐や檜を切断加工してくれる会社にネットで頼んで揃えるかなと思いながら帰りかけた時に見つけた

f:id:pescadoraire:20170729213137j:image

雨樋(あまどい)!

家やマンションの屋根や壁に這わしてある雨樋です

目的の内径55mmもあるヤッタ

 

今度はフタになる物を探す

f:id:pescadoraire:20170729213545j:image

排水キャップという軽く頑丈なフタを見つけたが内径55mmに合うものが他に見当たらないので雨樋のサイズを内径60mmに変更し排水キャップの50を合わせる事にした 

 

雨樋の長さは2700mmもあり車に入らないのでホームセンターで3分割してもらった

f:id:pescadoraire:20170729213938j:image

自宅に戻り竿の長さに合わせて更にカットしヤスリがけ

f:id:pescadoraire:20170729214239j:image

そして完成

わずか5分(笑)

フタもしっかり合わさって加工の必要無し

f:id:pescadoraire:20170729214353j:imagef:id:pescadoraire:20170729214403j:imagef:id:pescadoraire:20170729214409j:image

そして雨樋は信頼のpanasonic製です

f:id:pescadoraire:20170729214440j:image

 

ロッドケースは内側の長さが 800mmで中に収める竿は780mm(竿は2ピースです)

本当はもっと短い竿を持って行ったほうが質量的にも安全面でも優れているのだが諦めきれなかった