だいたいSOLO たまにSOLI

有りがちですが、日々の事綴ります

安全を逆手に

東福寺

京都でも紅葉のナンバー1スポットと言われる通天橋があるお寺

その通天橋と臥雲橋での写真撮影を一時的に規制するとのニュースがあった

理由としては1日35000人もの観光客が訪れ安全の為に行うそうだ

 

そして京都のお隣の駅(新幹線のぞみの場合)名古屋では名古屋城の改築を巡って市と議会が揉めた結果「震度6強地震で倒壊する恐れあり」という看板が掲示されたそうだ
専門家からは行政の怠慢、責任逃れ等と言われているようだが僕もそう思う
いっそのこと専門家の意見を逆利用して怠慢にならないよう城内に観光客を入れない措置をとったらどうだろうか

 

国宝、重要文化財などの歴史的建造物、景勝地ユネスコ登録遺産等歴史的価値のあるもの自然的価値のあるものを残そうという動きは当然ではある

しかし観に行く人の一部がそのレベルに達していないのではと思う

最近では文化財への油撒き事件や文化財に傷やをつけたり、ペイントする事件なども起こっている

ならず者を価値のあるものに近づけてはならない

 

安全というキーワードを逆手に使って東福寺の通天橋のように制限をしたり

名古屋城のように注意喚起したり

立ち入れない、外観しか見れない文化財を増やしても良いのではないか